弁護士と司法書士


まず過払い金問題について、一緒になって考えてくれるのは、弁護士と司法書士だということが、調べてみると分かってくると思います。
このサイトのテーマ「任意整理」をどちらに依頼するかですが、弁護士の方がメリットが大きいと、考えて間違いありません。これは、自己破産・個人再生についても同様です。

弁護士と司法書士の違い

弁護士弁護士は個別債務残高や過払い金の金額に関係なく、法律的相談も、債権者との交渉も、訴訟も行えます
これに対して一般の司法書士は、個別債務残高や過払い金額が、140万円を超えるものは全く扱えず、140万円以下のものについては、認定司法書士だけしか扱えません
これは取り戻すことができる過払い金が、制限されることと同義です。
また140万円超の過払い金回収訴訟を、地方裁判所に対して起こしたとき、債権者側も弁護士費用がかさむことを嫌い、早期和解に応じる傾向があります。
早めに過払い金を取り戻したいのであれば、弁護士に頼むことです。

弁護士事務所とよく似た名称で、法律事務所とか法務事務所とかがあります。法律事務所の看板を掲げることができるのは、弁護士法で弁護士のみと定められています。法務事務所の看板を掲げているのは、司法書士であることが多いです。


☆関連する記事