弁護士依頼で借金解決


最近弁護士事務所のテレビコマーシャルが、やたら増えてきたとは思いませんか。そしてどの弁護士事務所のコマーシャルでも、共通のワード“過払い金”がお決まりのように出てきます。過払い金とは、貸金業者に払う必要がなかったにもかかわらず、請求されたために払い過ぎてしまったお金のことです。

お財布この過払い金は、貸金業者に返還請求することで、戻ってくることもあります。
ときには現在の借金を減額どころか、完済、さらには逆に、お金がもらえたりすることさえあります
ただ過払い金の返還請求を行うには、消滅時効という制度があるため、コマーシャルでは急ぐように促しているのです。
ちなみに返還請求できるのは、取り引きが終了してから10年までです。

また過払い金自体がなかったり、過払い金返還請求をしただけでは、借金残高ゼロが実現しなかった人でも、借金を減額する方法はあります。
まずよく知られているのが、自己破産。裁判所からこれが認められれば、借金返済からは解放されますが、時価にして20万円超の財産や99万円超の現金については、処分されるという短所があります。
次に自己破産のように、完全に借金のすべてから、解放されるわけではありませんが、借金額を大きく減らし、3年で分割返済というのが個人再生です。これにも1部借金が残るという、短所があります。
3つ目が、このサイトで扱う任意整理。自己破産や個人再生ほど、借金減額効果は高くありませんが、借金できなくなる期間がおよそ5年と、自己破産・個人再生に比べ期間が短いないなど、短所も緩くなります。


☆関連する記事