弁護士探し


女の子弁護士も人間です。また法律も、膨大な量が存在しています。
弁護士に、得意分野と不得意分野があることは、仕方のないことです。
債務整理に強くはない弁護士のところに、相談に行ってしまうと、その弁護士が債務整理について、ほとんど知識がない場合も、可能性ゼロではありません。
その点こちらの記事でも申し上げましたとおり、債務整理問題を扱うことを全面的に押し出して、アピールしている弁護士事務所なら、問題はないでしょう。

日本社会では未だに、弁護士とは関わらない人生を、送る人が多く存在しています。
これまでの人生で、弁護士探しを1度もしたことがない人の方が、多いのではないでしょうか。
しかし弁護士探しも、みんなで楽しむ飲食店を探すことも、変わらないことがほとんどです。飲食店を探すときのことを、よく思い出してみて下さい。“悔いが残らない”・“うまくいく”お店をイメージしながら、いろいろな情報に当たると思います。

弁護士探しも、同じ要領でやっていただいて、大丈夫です。ただ1つだけ、肝に銘じておくべきことがあります。大きなお金に関することですから、弁護士探しを間違うと、大きなお金を失うことにもつながります。すてきな飲食店を探すときより、気持ちを引き締める部分も必要です。

弁護士費用


現在は任意整理について無料相談を行っている弁護士事務所が多いです。しかし過払い金を取り戻せたとき、ある程度の報酬は支払う必要があります。弁護士はどうしても敷居が高い。ならば自分で。と考える人も、1部にはいるとは思いますが、それには“苦労”ということばでは、表せないほどのことが伴います。

お金がない個別の内容にもよりますが、素人では難解すぎて、扱い切れない法律的事柄と遭遇したり、債権者と繁雑な交渉を、幾度となく交わさなければならない可能性もあります。
債権者である貸金業者は、これまでにも数多く交渉を重ねてきた超強者です。
何の知識もない人が、にわかの勉強で立ち向かえるほどの相手ではありません。
弁護士に頼めば、今後の返済や取りたてを、ストップできるケースもあります。
やはり弁護士を選択するのが、ベストです。

弁護士に頼る場合の、最大のボトルネック弁護士費用については、それを明示していない弁護士を、避けるという方法があります。
良心的な弁護士事務所であれば、無料相談の時点でおおまかな金額は、示してくれることでしょう。また情報を取りやすくなった現在ですから、弁護士や弁護士事務所の評判を、可能な限り調べて下さい。優秀な弁護士であれば、スピーディーにお金をとり戻してくれ、不安で過ごす時間も短くできます。

弁護士と司法書士


まず過払い金問題について、一緒になって考えてくれるのは、弁護士と司法書士だということが、調べてみると分かってくると思います。
このサイトのテーマ「任意整理」をどちらに依頼するかですが、弁護士の方がメリットが大きいと、考えて間違いありません。これは、自己破産・個人再生についても同様です。

弁護士と司法書士の違い

弁護士弁護士は個別債務残高や過払い金の金額に関係なく、法律的相談も、債権者との交渉も、訴訟も行えます
これに対して一般の司法書士は、個別債務残高や過払い金額が、140万円を超えるものは全く扱えず、140万円以下のものについては、認定司法書士だけしか扱えません
これは取り戻すことができる過払い金が、制限されることと同義です。
また140万円超の過払い金回収訴訟を、地方裁判所に対して起こしたとき、債権者側も弁護士費用がかさむことを嫌い、早期和解に応じる傾向があります。
早めに過払い金を取り戻したいのであれば、弁護士に頼むことです。

弁護士事務所とよく似た名称で、法律事務所とか法務事務所とかがあります。法律事務所の看板を掲げることができるのは、弁護士法で弁護士のみと定められています。法務事務所の看板を掲げているのは、司法書士であることが多いです。


☆関連する記事

弁護士依頼で借金解決


最近弁護士事務所のテレビコマーシャルが、やたら増えてきたとは思いませんか。そしてどの弁護士事務所のコマーシャルでも、共通のワード“過払い金”がお決まりのように出てきます。過払い金とは、貸金業者に払う必要がなかったにもかかわらず、請求されたために払い過ぎてしまったお金のことです。

お財布この過払い金は、貸金業者に返還請求することで、戻ってくることもあります。
ときには現在の借金を減額どころか、完済、さらには逆に、お金がもらえたりすることさえあります
ただ過払い金の返還請求を行うには、消滅時効という制度があるため、コマーシャルでは急ぐように促しているのです。
ちなみに返還請求できるのは、取り引きが終了してから10年までです。

また過払い金自体がなかったり、過払い金返還請求をしただけでは、借金残高ゼロが実現しなかった人でも、借金を減額する方法はあります。
まずよく知られているのが、自己破産。裁判所からこれが認められれば、借金返済からは解放されますが、時価にして20万円超の財産や99万円超の現金については、処分されるという短所があります。
次に自己破産のように、完全に借金のすべてから、解放されるわけではありませんが、借金額を大きく減らし、3年で分割返済というのが個人再生です。これにも1部借金が残るという、短所があります。
3つ目が、このサイトで扱う任意整理。自己破産や個人再生ほど、借金減額効果は高くありませんが、借金できなくなる期間がおよそ5年と、自己破産・個人再生に比べ期間が短いないなど、短所も緩くなります。


☆関連する記事